ペットくすりの個人輸入について

ペットくすりの個人輸入について

個人輸入ではご自身の責任において利用することを条件に、医薬品などを海外から購入することを認める制度です。飼っているペットに個人輸入で購入した薬を、飼い主の判断で服用させることが認められています。ペットくすりでは海外のペットの医薬品を中心に個人輸入の注文を受け付けています。

 

個人輸入を利用したことがない方にとっては、医薬品を通販で購入することに違法なイメージを持つかもしれません。しかし、日本で個人輸入は認められている制度なので問題はありません。

 

ただし、個人輸入を利用して購入した医薬品の取り扱いにはいくつかの決まりがあり、それを守らないと法律に触れてしまうので注意が必要です。

 

個人輸入の決まりでは購入した医薬品は、必ず注文者が使用し保管することが定められています。他人に保管を任したり譲渡または転売することが禁止されています。医薬品は服用方法を間違うとペットの命に危険が及ぶケースがあります。それを防ぐためにこのようなルールが定められているのです。

 

ペットのくすりであっても正しく使用しないと大変危険なものです。成分が強い医薬品は特に注意が必要です。ペットくすりでは強い成分が含まれるものでも、どなたでも購入することが可能となっています。そのために、注文の際に間違わないように慎重に行われることがとても重要です。

 

 

このページの先頭へ戻る