飼い始める時期

生後どれぐらいで柴犬を飼い始めるのがいいのか

柴犬は生まれてから時間がたちすぎると、新しい飼い主になついてくれない時があります。日本で犬を飼う場合には1家族に1頭が主流です。たくさんの犬と生活を共にするのなら、生まれてから時間がたってからでも、飼い主になつく可能性が高いようです。これは、周りの犬が既に飼い主になついているからであり、飼い主の行動によってなついているわけではないといわれています。

 

柴犬に限らず犬は生後2か月から3か月の間で家族を認識し始めます。柴犬を飼い始めるのなら生後3カ月までのものがいいでしょう。柴犬はほかの犬と比べて信頼した人に対しては死ぬまで信頼を裏切らないといわれています。

 

日本の柴犬は長い年月ペットとして生きてきているので、野性味が失われて信頼することに対して柔軟になってきているといわれています。購入した柴犬が生後3か月を超えていたからと言ってあきらめずに愛情を注ぐことで、ほかの犬種と同様に信頼関係を築くことができることでしょう。

 

柴犬は一人しか飼い主と認めないといった話もあります。飼い主に先立たれた犬が、いつまでの主人を待つ忠犬ハチ公などはその最も足る例でもあります。子犬の時期から柴犬と飼い主との関係性を良好に保っていると、年老いてきても変わらぬ関係性を維持し続けることができるのも柴犬の特徴といえます。

このページの先頭へ戻る